通貨ペア

MACDは最強のオシレーター系なのか

MACDは最強のオシレーター系なのか
その他にもオリジナル設定したMACDレベルとのクロスでもアラートを鳴らせることも可能です↓

最強のMACD・シグナル設定とは?オススメ設定値と期間をご紹介!

MACDの設定のメイン画像

MACD

MACD(マックディー)の設定期間と具体的なパラメータ、設定値に合わせた取引手法を理解すると、トレードスタイルごとの売買シグナルと強さの判定ができ、自分に合う設定期間を選んで優位性の高い株式投資を行うことに繋がります。

新生ジャパン投資

アナリストが厳選する「最短即日短期急騰期待銘柄を 無料 で配信。その他、最新のマーケット情報を網羅した朝夕の相場レポートなど、豊富な投資情報を"無料"で閲覧可能!!

MACD(マックディー)の設定期間を決めるために理解しておくべき基本知識

MACD(マックディー)の設定期間を決めるためには、「 MACDとは一体どのような分析なのか? 」を理解しておく必要があります。

MACD(マックディー)とは?

MACDを構成する「MACD」・「シグナル」・「ヒストグラム」の位置の解説画像

MACD(マックディー)とは、これまでの移動平均線を進化させた、トレンド発生時に大きく効果を発揮する、精度の高いテクニカル分析の指標として多くの投資家に使用されています。

MACDは、計算方法が異なる2本の移動平均線(「MACD」と「シグナル」)と2本線の距離を棒グラフで表す「ヒストグラム」で構成されています。

また、 設定期間を変えることで売買シグナルの量や出現箇所も変化する ため、設定について理解できれば、自分のトレードスタイルに合ったテクニカル指標として運用できるでしょう。

MACD(マックディー)の設定期間と意味

MACDの設定期間によって売買シグナルの数とタイミングの差の画像

株式投資のルールはここで決まる!MACDの設定方法

ここで、具体的な設定期間のパラメータを見る前に、 MACDの設定方法 を見ていきましょう。

yahoo!ファイナンスの個別銘柄情報ページ内にある「テクニカル分析用多機能チャート」のリンク場所の画像 width= MACDは最強のオシレーター系なのか

テクニカル多機能チャート内のMACDの表示方法(テクニカル→オシレータ系→MACD)

そのため、 短期取引や長期取引など自分のトレードスタイルに合う、適切な設定値を選ぶことが重要 です。

次は MACDは最強のオシレーター系なのか 多くの投資家が使用している代表的なパラメータ設定 をご紹介します。

MACDの発案者であるジェラルドアペル氏の推奨パラメータ設定(6 19 9/12 26 9/19 39 9)

期間1 (日) 期間2 (日) シグナル(日)
短期パラメータ 6 19 9
中期パラメータ 12 26 9
長期パラメータ 19 39 9

期間ごとにパラメータが分かれていて、 シグナルはどのパラメータでも共通して9日間 ですが、MACDの計算に使う日数がそれぞれ異なります。

MACD3種類の設定期間の特徴を理解しトレードスタイルに併せ活用しよう

ディエゴ・アペル氏の設定値に出現する売買シグナルの位置と個数の違い画像(短期パラメータ:売買シグナル3個、1番出現が早い 中期パラメータ:売買シグナル3個、2番目に出現が早い 長期パラメータ:売買シグナル2個、1番出現が遅い)

基本的に 短期のパラメータほど売買シグナルが早く出現し、数も多い という特徴があります。

反対に 長期のパラメータほど売買シグナルが遅く出現し、数も少なく MACDは最強のオシレーター系なのか なります。

エントリーとイグジットとは?

クリス・マニング氏が考案したMACDの感度を上げたパラメータ設定(9 17 7)

先ほどご紹介した「ジェラルド・アペル」氏の設定値を参考に、更にMACDの反応を上げるパラメータ設定(9 17 7)を考案したのが「 クリス・マニング(Chris Manning) 」氏です。

クリス・マニング氏のパラメータの特徴の画像(売買シグナルの数が多くエントリーしやすいがダマシも多く存在する)

1日でトレードを完結させるデイトレードや、数日から数週間の短期間で売買を完結させるスイングトレードでは、数時間しか発生しないトレンドを狙って売買を行うため、 売買シグナルが早く出る設定の方がトレードスタイルに適している と言えるでしょう。

値動きに敏感な短期取引向けとなるMACDの設定期間

また、1日で取引を完結させるため、損益がその日のうちに確定し、 すぐに結果が出せるという利点 があります。

MACDのデフォルト設定値を4倍にすることで売買シグナルを絞るパラメータ(48 104 9)

デフォルトの4倍パラメータの特徴の画像(売買シグナルが少ないがダマシが少ない・シグナルがわかりやすい)

大きいトレンドがわかるMACDのパラメータ設定

ダマシの少ない 大きなトレンドを掴むことは、リスクを抑えた取引を行うこと に繋がります。

フィボナッチ級数を株取引に採用したことで有名な「ジョー・ディナポリ」氏が提唱するMACDの設定値(8 17 9)

フィボナッチ級数を利用した取引の第一人者である ジョー・ディナポリ(Joe DiNapoli)氏が開発した設定数値はデフォルトの設定期間よりも短く、相場の変化に反応しやすい です。

ジョー・ディナポリ氏の提唱しているパラメータ(8 17 9) は、一般的には短期売買に使われることが多いです。

設定値だけを見るとクリス・マニング氏のパラメータ(9 17 7)MACDは最強のオシレーター系なのか によく似ていますが、ディナポリ氏のパラメータは他のテクニカル分析の指標と組み合わせて使用するため、似て非なるものです。

移動平均線と組み合わせて使うMACDのパラメータとは?

ディナポリ氏提唱の投資方法では移動平均線を未来にずらして表示している画像

ジョー・ディナポリ氏の移動平均線が一般的な移動平均線と異なる点は、 一定期間の平均を計算した後に未来の相場に表示する 点です。

DMA(Displaced Moving Average)とは?

新生ジャパン投資

アナリストが厳選する「最短即日短期急騰期待銘柄を 無料 で配信。その他、最新のマーケット情報を網羅した朝夕の相場レポートなど、豊富な投資情報を"無料"で閲覧可能!!

設定値で売買シグナルの位置が変わる!MACDの見方・使い方

MACDのゴールデンクロスとデッドクロス

MACDのゴールデンクロス・デッドクロスの意味を解説している画像

最近の相場を表す MACDが、シグナル(MACDの平均)を抜けることは、最近の相場が平均から外れつつあり、相場状況が変化し始めていることを意味 しています。

「MACD・シグナル」と逆方向に株価が動く状態「ダイバージェンス(divergence)」

ダイバージェンスによって株価とMACDの示すトレンド方向が異なっている画像

しかし、例外として「 MACDは最強のオシレーター系なのか ダイバージェンス 」という、MACDとシグナルが指している方向とは逆方向に株価が動いている状態があり、ダイバージェンスが起こった後には、トレンドが反転する可能性が高いです。

MACDの売買シグナルの強さ

MACDにおける強い売買シグナルの条件の画像(複数のシグナルが同時に起こっている様子)

注目する場所 特徴

また、上記画像の様に、 複数のシグナルが上昇トレンドを示していると信憑性が高い と判断できます。

押し目買い・戻り売りとは?

異なるパラメータ設定のMACDを複数使う

異なるパラメータを使用した取引のエントリーとイグジットのポイント画像

上記画像は、 ディエゴ・アペル氏が推奨するパラメータ設定 を複数使った時のチャート画像です。

選択肢は多ければ良いというものではありませんが、 相性が良い他のテクニカル指標とも組み合わせると、違った方向から相場を分析できるため、優位性の無い選択肢を削り、良い選択肢を増やすことも可能 です。

「最強のMACD・シグナル設定」まとめ

MACDの設定ごとの特徴を理解すると、 トレードスタイルに必要な売買シグナルとその強さが判断でき、自分に合ったテクニカル指標として運用できる でしょう。

新生ジャパン投資

ラジオNIKKEIの番組「株教室」などでお馴染みの「高山緑星」が代表を務める投資助言サービス。今なら実力証明のための銘柄『次なる大化け候補株』を 無料 で配信中!!

MACDの特徴と5つの活用法

MACDの特徴と5つの活用法

はちわれ

  • MACD線は短期指数移動平均から長期指数移動平均線を引いたもの
  • MACD線が正の数の時は、短期指数移動平均線>長期指数移動平均線
  • MACD線が負の数の時は、短期指数移動平均線<長期指数移動平均線

SIGNAL線

はちわれ

MACD2線

はちわれ

MACDの各計算式

  • MACD[0] MACDは最強のオシレーター系なのか = EMA[0](CLOSE,x) – EMA[0](CLOSE,y)
  • SIGNAL[0] = SMA[0](MACD, z)
  • MACD2[0] = MACD[0] – SIGNAL[0]
  • MACD[0]:当日のMACD
  • EMA[0](CLOSE, x):期間x、終値で計算した当日EMA
  • x:短期Period
  • EMA[0](CLOSE, y)MACDは最強のオシレーター系なのか :期間y、終値で計算した当日EMA
  • y:長期Period
  • SIGNAL[0]:当日のSIGNAL
  • SMA[0](MACD, z):期間zでMACDを単純平均
  • MACD2[0]:当日のMACD2

MACDでよく使われる期間

MACDは最強のオシレーター系なのか MACDは最強のオシレーター系なのか MACDは最強のオシレーター系なのか
短期Period(x) 9、12
長期Period(y) 26
SIGNAL用Period(z) 9

MACDで分かること

  • 2本の移動平均線の距離感
  • 移動平均線のゴールデンクロス/デッドクロス
  • 本の移動平均線の距離感がどう推移していくか

はちわれ

2本の移動平均線の距離感

MACDは2本の指数移動平均線の距離を示している

はちわれ

MACDでは、トレンドの勢いも分析できる

  • MACDで相場の方向性、勢いを分析できる
  • 為替レートに近い動きをしつつ、為替レートよりもダマシが少ないのが特徴

移動平均線のゴールデンクロス/デッドクロス

MACDの0ラインクロスは移動平均線同士のクロス

  • MACDが-方面から0ラインを通過する=移動平均線のゴールデンクロス
  • MACDが+方面から0ラインを通過する=移動平均線のデッドクロス

2本の移動平均線の距離感がどう推移していくか

はちわれ

MACDとSIGNAL線のクロス

  • MACDとSIGNAL線のゴールデンクロス
    • MACDが上昇する可能性
    • 為替レートも上昇する可能性=買いのサイン
    • MACDが下降する可能性
    • 為替レートも下降する可能性=売りのサイン

    MACDの苦手な相場

    MACDの苦手な相場は動きの少ないレンジ相場

    • レンジ相場(特に動きが少ない場合)
      • 0ラインクロスが分析しにくい
      • SIGNAL線とのゴールデンクロス/デッドクロスも分析しにくい

      MACDをもっと活用する5つの方法

      • MACD線とSIGNAL線のゴールデンクロス/デッドクロス
      • MACD線と0ラインのクロス
      • MACD線が0ラインで反発
      • ダイバージェンス
      • リバーサルシグナル

      MACD線とSIGNAL線のゴールデンクロス/デッドクロス

      MACDとSIGNAL線のクロス

      • MACD線がSIGNAL線を上回る(ゴールデンクロス)
        • 買いのサイン
        • 売りのサイン

        はちわれ

        • 角度の深いクロスをしていること
        • 0ラインから、より遠くの位置でゴールデンクロス/デッドクロスをしていること
          • ゴールデンクロスは-エリアのより外側でクロス
          • デッドクロスは+エリアのより外側でクロス

          はちわれ

          角度の深いクロス

          MACDのクロスは角度が深く、0ラインより遠い位置でのものが良い

          0ラインからより遠い位置でクロスしていること

          MACDのクロスは角度が深く、0ラインより遠い位置でのものが良い

          はちわれ

          MACD線と0ラインのクロス

          • MACDが-方面から0ラインを上抜ける
            • 買いのサイン(移動平均線のゴールデンクロス)
            • 売りのサイン(移動平均線のデッドクロス)

            はちわれ

            MACD線が0ライン付近で反発

            はちわれ

            ダイバージェンス

            MACDのダイバージェンス

            • 上昇トレンド時
              • 為替レートは高値を更新しているのに、MACDは高値を更新するに至っていない
              • 為替レートは安値を更新しているのに、MACDは安値を更新するに至っていない

              はちわれ

              リー・エインズリー(前編)―デリバティブを奏でる男たち【29】―

              急落する代表的な米成長株


              出所:日足、いずれもNY市場の価格、単位はドル

              ◆マーベリックとは

              加えて、美術品店から6つのアート&クラフト店を買収し、全国的な芸術品と工芸品の小売業者に成長させて売却。これらで巨万の富を築いたようです。ところが、脱税で内国歳入庁(IRS、Internal Revenue Service)から、証券詐欺で証券取引委員会(SEC、Securities and Exchange Commission)から起訴され、賠償金を一部支払った後の2014年に破産してしまいました。今ではテキサス州北部のダラスにある老人ホームで静かな余生を送っているとのこと。ちなみに、彼の娘クリスティアナは、電気自動車大手テスラの最高経営責任者(CEO)であるイーロン・マスクの弟キンバルと結婚しました。

              テスラも代表的な米成長株


              出所:日足、単位はドル

              ◆エインズリーのマーベリック

              このコラムの著者

              MINKABU PRESSに関連するコラム

              アクセス増減率ランキング

              おすすめ情報

              小次郎講師テクニカルコラム

              • 第1回、ファンダメンタル分析とテクニカル分析
              • 第2回、トレンド系分析とオシレーター系分析
              • 第3回、トレンドラインとチャネルライン、その1
              • 第4回、トレンドラインとチャネルライン、その2
              • 第5回、移動平均線 その1、『 移動平均線の役割 』
              • 第6回、移動平均線 その2、『 グランビルの法則 』前編
              • 第7回、移動平均線 その3、『 グランビルの法則 』後編&『 移動平均乖離率 』
              • 第8回、移動平均線 その4、『 MACDは最強のオシレーター系なのか 移動平均線の複数使い 』前編
              • 第9回、移動平均線 その5、『 MACDは最強のオシレーター系なのか 移動平均線の複数使い 』中編
              • 第10回、移動平均線 その6、『 移動平均線の複数使い 』後編
              • 第11回、移動平均線 その7、『 指数平滑移動平均線の重要性 』
                MACDは最強のオシレーター系なのか
              • 第12回、MACD(移動平均収束拡散法) その1
              • 第13回、MACDその2、オリジナルMACDの本質!
              • 第14回、MACDその3、MACD最大の買いシグナルとは?
              • 第15回、MACDその4、MACD2とは?
              • 第16回、MACDその5、MACDの売りサイン買いサイン =前編=
              • 第17回、MACDその6、『MACDの売りサイン買いサイン』 =中編= そしてMACD活用の最大の極意!
              • 第18回、MACDその7、『MACDの売りサイン買いサイン』 =後編= ダイバージェンシー!
              • 第19回 MACDその8、『MACDの複数使い』いよいよMACD最終回!
              • 第20回 ストキャスその1、『買われすぎ売られすぎシグナルに騙されるな!』
              • 第21回 ストキャスその2、『ファーストストキャスとスローストキャスとは?』
              • 第22回 ストキャスその3、『ストキャスの大黒柱、%Kを極める!』
              • 第23回 ストキャスその4、『ストキャス名脇役、%D、Slow%Dを極める!』
              • 第24回 ストキャスその5、『パラメーターの調整!』
              • 第25回 ストキャスその6、『ストキャスティクスの正しい使い方!』
              • 第26回 MACDは最強のオシレーター系なのか ストキャスその7、『ストキャスティクスの具体的仕掛け時と騙しへの対応!』
              • 第27回 ストキャスその8、『ストキャスティクスのダイバージェンス』
              • 第28回 ストキャスその9、『スパイクトップ・スパイクボトム、ガービッジトップ・ガービッジボトム』
              • 第29回 ストキャスその10、『ストキャスティクス最終回、ブルベア・セットアップとは?』
              • 第30回 一目均衡表その1、『一目均衡表の歴史。そして5つの線を覚えよう!』
              • MACDは最強のオシレーター系なのか
              • 第31回 一目均衡表その2、『5つの線の計算式を理解し、半値線をマスターしよう!』
              • 第32回、一目均衡表その3、「三役好転を中心に世間一般的に言われる一目均衡表の買いシグナル売りシグナルを検証。」
              • 第33回、一目均衡表その4、「半値線を極める!」
              • 第34回、一目均衡表その5、「転換線を極める!」
              • 第35回、一目均衡表その6、「基準線を極める!」
              • 第36回、一目均衡表その7、「一目均衡表最大の売買シグナル、均衡表の好転・逆転とは?前編」
              • 第37回、一目均衡表その8、「一目均衡表最大の売買シグナル、均衡表の好転・逆転とは?中編、もみあい相場での仕掛け方」
              • 第38回、一目均衡表その9、「一目均衡表最大の売買シグナル、均衡表の好転・逆転とは?後編、均衡表の好転・逆転の本質!」
              • 第39回、一目均衡表その10、「先行スパン2を極める。先行スパンが先行する理由!」
              • 第40回、一目均衡表その11、「先行スパン1を極める。」
              • 第41回、一目均衡表その12、「一目均衡表最大の謎、『雲』を解析する!前編」
              • 第42回、一目均衡表その13、「一目均衡表最大の謎、『雲』を解析する!後編、雲のねじれの秘密!」
              • 第43回、一目均衡表その14、「一目均衡表で最も重要と言われる遅行スパンを徹底解説、前編」
              • 第44回、一目均衡表その15、「一目均衡表で最も重要と言われる遅行スパンを徹底解説、後編」
              • 第45回、一目均衡表その16、「一目均衡表の5つの線を使った総合分析、前編」
              • 第46回、一目均衡表その17、「一目均衡表の5つの線を使った総合分析、後編」
              • 小次郎講師のRSI(相対力指数)解説その1、「RSIの計算式は超簡単!」
              • 小次郎講師のRSI(相対力指数)解説その2、「RSIの計算式からわかること!」
              • 小次郎講師のRSI(相対力指数)解説その3,「RSIとストキャスの違いを知ろう!」
              • 小次郎講師のRSI(相対力指数)解説その4、「買われすぎ、売られすぎに騙されるな!」
              • 小次郎講師のRSI(相対力指数)解説その5、「ダイバージェンスの本当の意味を理解しているか?」
              • 小次郎講師のRSI(相対力指数)解説その6、「RSIの代表的シグナル、失敗したスイングって知ってますか?」
              • 小次郎講師のボリンジャーバンド解説その1、「ボリンジャーバンドの基礎知識」
              • 小次郎講師のボリンジャーバンド解説その2、「間違いだらけのボリンジャーバンド解説」
              • 小次郎講師のボリンジャーバンド解説その3、「標準偏差を制するものがボリバンを制する!」
              • 小次郎講師のボリンジャーバンド解説その4、「バンドワイズチャート、%bチャートの秘密」
              • 小次郎講師のボリンジャーバンド解説その5、「ミッドバンド研究」
              • 小次郎講師のボリンジャーバンド解説その6、「ボージとスクイーズを究めよ!」
              • 小次郎講師のボリンジャーバンド解説その7、「スクイーズによる仕掛けシグナル!」
              • 小次郎講師のボリンジャーバンド解説その8、「バンドワイズチャート!」
              • 小次郎講師のボリンジャーバンド解説その9、「%bチャート!」
              • 小次郎講師のボリンジャーバンド解説その10、「%bチャート!」後編
              • 小次郎講師のボリンジャーバンド解説その11、「ボリバンまとめ!」
              • 小次郎講師のボリンジャーバンド解説その12、「ボリバン極意の書!」
              • 小次郎講師のボリンジャーバンド解説その13、「ボリバン極意の書!続き」
              • 小次郎講師のボリンジャーバンド解説その14、「ボリバン極意の書!続き」
              • 小次郎講師の移動平均線大循環分析徹底解説、「チャート分析とは?」
              • 小次郎講師の移動平均線大循環分析徹底解説、「チャート分析とは?」
              • 小次郎講師の移動平均線大循環分析徹底解説、「資金管理編」
              • 小次郎講師の移動平均線大循環分析徹底解説、「大循環分析」
              • 小次郎講師の移動平均線大循環分析徹底解説、「大循環分析」
              • 小次郎講師の移動平均線大循環分析徹底解説、「大循環分析」
              • 小次郎講師の移動平均線大循環分析徹底解説、「まとめ」
              • 【特別寄稿】『小次郎講師に聞く、テクニカル分析を使いこなすための5つの極意!』セミナー参加者からの質問に答える。その1
              • 【特別寄稿】『小次郎講師に聞く、テクニカル分析を使いこなすための5つの極意!』セミナー参加者からの質問に答える。その2
              • 【特別寄稿】『小次郎講師に聞く、個人投資家が勝ち組になるための5つの極意!』セミナー参加者からの質問に答える。その1
              • 【特別寄稿】『小次郎講師に聞く、個人投資家が勝ち組になるための5つの極意!』セミナー参加者からの質問に答える。その2

              ニュースアクセスランキング

              関連サイト

              【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、大阪取引所、堂島取引所、S&P Global、S&P Dow Jones In dices、Hang Seng Indexes、bitFlyer、NTTデータエービック、ICE MACDは最強のオシレーター系なのか Data Services、JPX総研等から情報の提供を受けています。日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「証券取引等監視委員会への情報提供」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

              MACDゼロラインクロスでのアラート機能付きインジケーターの使い方

              averages macd-mtf alerts divergence nmc

              さっそくチャートに表示させてみました↓

              averages macd-mtf alerts divergence nmcのパラメータ設定

              alertsOnZeroCross

              このゼロラインのクロスは、「alertsOnZeroCross」を「true」に変更するとアラートで知らせてくれます↓

              alertsOnMacdSignalCross

              シグナルラインとMACDのクロスは下記項目の「alertsOnMacdSignalCross」を「true」に変更するとアラートで知らせてくれます↓

              オリジナル設定したMACDレベルでのクロスアラート

              その他にもオリジナル設定したMACDレベルとのクロスでもアラートを鳴らせることも可能です↓

              averages macd-mtf alerts divergence nmcとの組合せ

              averages macd-mtf alerts divergence nmcは単独で使用するよりはオシレーターとの組合せがオススメです。

              オシレーターのなかでもスローストキャスと組み合わせてみます。 MACDは最強のオシレーター系なのか
              そして スローストキャスのパラーメーターは最強設定を採用 します。

              ストキャスティクスの最強設定とは?ストキャスを使ったトレード例も掲載

              ストキャスティクスですが利用者も多くよく使われるインジケーターです。 使い方としては、ストキャスティクスの逆張りが一般的です。 買われすぎだから下がることを期待して売る。 売られすぎだから上がることを期待して買う.

              ゼロライン&スローストキャス

              MACDのゼロラインクロスとスローストキャスを補助として使ってみると結構いい感じでトレードできていることが分かります↓

              ポンド円15分足

              別の場面でもいい感じに獲れています↓

              「averages macd-mtf alerts divergence nmc」は、その他にも複数のアラート機能がありますが、ゼロラインクロスでのアラート機能だけで十分トレードに活かしていけます。

              ◆高勝率15分足専用サイン「F15-easy」◆

              ◆15分足専用サイン「F15-friends」◆

              こちらも 億トレ監修・大手プロップディーラーの手法をロジック化し 、シンプルながらも高勝率で1日200pipsを獲得した日も珍しくありません。

              ◆30分足専用サイン「F30-hybrid」◆

              アラート機能も付いているので、チャートに張り付かなくてもトレード可能です。
              トレード回数は少ないですが、少し長めの時間足で30~50pipsを狙う手法です。
              大きなトレンドが発生すれば100pips以上獲れることがあります。

              MACDの見方と使い方は?FX億トレーダーが初心者向けに解説!

              鈴木拓也

              鈴木拓也

              MACDの設定値

              MACDの設定値ですが、 初心者の方におすすめの設定値 は以下の数値となります。

              • MACDライン:期間12と期間26
              • シグナル線:期間9

              MACDの4つの使い方(手法)

              MACDの主な売買シグナルには、以下の4つがあります。

              • MACDのゼロラインとのクロス(ゴールデンクロス・デッドクロス)
              • MACD自体の傾きの変化
              • MACDとシグナル線とのクロス
              • MACDは最強のオシレーター系なのか
              • ダイバージェンス

              手法①:MACDとゼロラインとのクロス

              つまり、MACD=12EMA-26EMA=0になる時は、12EMAと26EMAが交差している時であり、それは移動平均線のトレード手法の一つである「 ゴールデンクロス・デッドクロス 」と同じシグナルであることを示しています。

              下図のチャートのように、MACDが下から上へゼロラインと交差すれば、それはゴールデンクロスと同じであり、 買いシグナル となります。

              一方、MACDが上から下へゼロラインと交差すれば、デッドクロスと同じであり、 売りのシグナル となるのです。

              MACDとゼロラインとのクロス

              • MACDが下から上へゼロラインを上抜けすれば買いシグナル
              • MACDが上から下へゼロラインを下抜けすれば売りシグナル

              鈴木拓也

              鈴木拓也

              手法②:MACD自体の傾きの変化

              二つ目の使い方は、MACD自体の傾きの変化を見る事です。

              下図のチャートのように、MACDがプラスの領域にあり、かつ右肩上がりに上昇している領域(赤塗)では、短期EMAが長期EMAからどんどん離れている状態であり、上昇トレンドの勢いが強いことを示します。

              つまり、 押し目があれば、積極的に買いでエントリーしたい局面 です。

              一方、青塗の領域では、MACDが右肩下がりとなり、これは短期EMAと長期EMAの幅がどんどん狭くなっている状態であり、上昇トレンドの勢いが落ちて、レンジ相場に入りつつあることを示しています。

              なので、この時であれば、 トレンド転換のリスクを考える必要 があり、買いエントリーは慎重になった方がいいと言えます。

              MACDの傾き変化

              • MACDが上向きならば、上昇トレンドの勢いが強く、買いエントリー検討
              • MACDが下向きならば、トレンド転換のリスクを警戒
              • MACDが下向きならば、下降トレンドの勢いが強く、売りエントリーを検討
              • MACDが上向きならば、トレンド転換のリスクを警戒

              鈴木拓也

              鈴木拓也

              手法③:MACDとシグナル線のクロス

              3つ目の使い方は、MACDとシグナル線のクロスです。

              • MACDがシグナル線を下から上へ抜ける時、買いシグナル
              • MACDがシグナル線を上から下へ抜ける時、売りシグナル

              具体的には、下図チャートの場合、赤い印の箇所では、MACDがシグナル線を下から上へ抜けていますので、 買いシグナル の部分になります。

              一方、青い印の箇所では、MACDがシグナル線を上から下へ抜けていますので 売りシグナル の部分です。

              シグナル線とMACDのクロスのシグナル

              手法④:ダイバージェンス

              4つ目の手法は、為替レートとMACDの逆行現象である「ダイバージェンス」と呼ばれる手法です。

              下図のように、為替レートは上昇しているが、MACDが下落している時、上昇トレンドの勢いが弱まっていることを示しており、 下降トレンドへの転換シグナル となります。

              関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる