仮想通貨のメリット

利益最大化の鍵となる取引コストの特徴とは

利益最大化の鍵となる取引コストの特徴とは
Solana (SOL) $ 35.77 1.利益最大化の鍵となる取引コストの特徴とは 61%

金融機関決算における最近の信用コストの動向 (日本銀行「金融システムレポート」2019年10月号より)

次に、最近の信用コストの増加に注目する。貸出の規模に対してどの程度の信用コストが発生したかを示す信用コスト率(信用コスト/貸出残高)は、引き続き低水準ながら、地域金融機関を中心に、上昇に転じている(図表1)。
内外景気の拡大局面が続くなかで、長らく低下基調が続いてきた信用コスト率が低水準とはいえ上昇に転じたことは、地域金融機関の収益力が低下している現状を考慮すると、注視すべき事象である。以下では、その背景について、現時点で利用可能なデータと、日本銀行が地域金融機関を対象に行ったアンケートおよびヒアリング等に基づき整理する。 利益最大化の鍵となる取引コストの特徴とは
まず、地域金融機関の信用コスト率についてみると、足もと、業態や地域によらず、比較的幅広い先において上昇している。信用コスト率は、特定の大口与信先の突発的な経営破綻など、偶発的・一時的な要因によっても上昇し得る。しかし、アンケート調査の結果やヒアリングに基づく定性情報によると、金融機関の間では、そうした要因を取り除いた実勢としても信用コストは増加局面に転じた、との認識が拡がっている。

そのうえで、足もとの信用コストの増加の基本的な背景としては、大きく以下の2点を指摘できる。第一は、金融機関との取引履歴が比較的長い、一部の業況不芳先における経営再建の遅れである。「3か月以上の延滞ないし「破綻懸念先」(今後経営破綻に陥る可能性が大きいと認められる先)以下へのランクダウン(債務者区分の下方遷移)」として定義されるデフォルト率は、足もと若干上昇している。長期にわたる低金利環境と好景気のもとでも、構造調整や業況改善が進まない企業は一定程度存在する。また、銀行からの借入依存度が高い企業は、相対的に利益率が低く、また景気拡大が長期化するもとでも、その改善ペースが緩やかな傾向がある。
信用コストがここ数年1980年代後半のバブル期をも下回る低水準で推移していたことについては、長きにわたる景気拡大の影響が大きいが、金融機関がこうした業況不芳先を低利で支援してきたことによる面も小さくないと考えられる。足もとでは、こうした先において、経営改善の目途が立たずに倒産に至ったり、金融機関が債務者区分を引き下げる事例がみられている。近年、企業経営者の高齢化が進むもとで、後継者不足等から事業承継が円滑に進まず、休業や廃業に至る企業が増加している(図表2)。その際、休業や廃業の決定・周知とともに債務超過や保全不足が表面化し、信用コストが顕在化する事例も一部みられている。
なお、業況不芳先に対する金融機関の支援姿勢には、リーマンショック後に導入された金融円滑化法など、各種の政策措置が影響を及ぼし得るが、この点、金融機関の支援姿勢には近年大きな変化はみられていない。もっとも、金融支援を受ける企業は、一定の期間で達成すべき経営改善計画の策定を求められるが、策定から当該年数が経過したもとで、計画達成ができないことが明らかになった結果、債務者区分の引き下げ等につながる事例が増加しているとの見方が聞かれている。
第二は、近年、金融機関が貸出増加に取り組んできたもとでの一部審査・管理の引き緩みである。とくに、新たに取引を開始した貸出先の財務内容や信用状況の実態把握が不十分なため信用コスト発生に至った事例が散見されている。また、アンケートやヒアリングによる定性情報を確認してみても、①貸出先の所在地が金融機関の本店所在地と異なるいわゆる「越境貸出先」や、②取引関係においてメイン・準メインでない3番手以下の先、③取引歴が短い先といった、金融機関が借り手や当該地域の詳細な情報を比較的入手しにくいケースにおいて、ランクダウンが増えている。金融機関には、融資実行時および中間管理における審査の徹底が改めて求められる。 利益最大化の鍵となる取引コストの特徴とは
こうした状況を踏まえ、金融機関では引当積み増しの動きが増えている。このことも、足もとの信用コスト増加の一因となっている。引当積み増しの方法としては、個別債務者の債務者区分の見直しのほか、一般貸倒引当金の算定における貸倒実績率の算定期間長期化やリスク属性に応じた債務者のグルーピング等が挙げられる。貸出債権の引当にあたっては、会計原則を踏まえつつも、これまで続いてきた良好なマクロ経済環境に過度に引き摺られることなく、将来的なクレジット循環の局面変化も視野に入れて、その水準を検討していくことが重要である。

初心者のための分散型アプリケーション(dApps)ガイド

bitcoin

Bitcoin (BTC) 利益最大化の鍵となる取引コストの特徴とは $ 20,341.00 利益最大化の鍵となる取引コストの特徴とは 2.78%

ethereum

Ethereum (ETH) $ 1,147.96 2.24%

Tether (USDT) $ 0.996567 0.31%

USD Coin (USDC) $ 0.999778 0.19%

BNB (BNB) $ 231.65 1.84%

binance-usd

Binance USD (BUSD) $ 0.988474 1.24%

xrp

XRP (XRP) $ 0.324767 0.06%

cardano

Cardano (ADA) $ 0.457750 0.55%

solana

Solana (SOL) $ 35.77 1.61%

dogecoin

Dogecoin (DOGE) $ 0.068210 0.01%

サーキュラーエコノミー

航空
EU政府は、2020年に持続可能な航空燃料イニシアチブ、通称 ReFuel EU Aviationイニシアチブを発表し、2021年4月~6月を目途に規制(法)案を出す予定となっている。
現在議論されているのは、持続可能な航空燃料(Sustainable Aviation 利益最大化の鍵となる取引コストの特徴とは Fuel: SAF)を2025年に2%、2030年に5%、2035年に20%、2040年に32%、2050年には63%使用することを義務化し、違反時の罰則も課す、という内容である。持続可能な航空燃料とは、主にはバイオ燃料である。これに加え、電気分解等から生成される「e-fuels」の使用義務も検討されており、2030年に0.7%、2050年までに25%に増加する可能性がある。
この規制がEUを発着する大陸間フライトにも適用されるのか、EU域内の短距離輸送に限られるのかは議論されており、法案を待つことになる。
これらの方針に対し、国際航空運送協会(IATA)は、SAFの義務化の大陸間フライトへの適用を急ぎすぎると、「意図しない結果が生じる可能性がある」と警告している。具体的には、SAFの価格が十分に下がらなければ、 EU以外の航空会社に有利になる可能性がある、ということである。

エアバス社のA350-900にロールスロイス社製のトレントXWBエンジンを搭載し、燃料は100%SAFを利用する。燃料は、「HEFA( Hydro-processed Esters and 利益最大化の鍵となる取引コストの特徴とは Fatty Acids:水素化処理エステルおよび脂肪酸)」という「HVO(Hydrotreated Vegetable Oil:水素化処理植物油)」の一種のバイオ燃料で、さまざまな植物油脂から製造できるという特徴を持っている。
同プロジェクトでは、HEFAで製造された100%SAFの使用時と、化石燃料をベースとしたジェット燃料使用時とを比較する予定となっている。比較する項目は主に、運用上の互換性、排出ガスの詳細、粒子状物質の排出量、飛行機雲、その他環境への影響、とされている。
エンジンメーカーであるロールスロイス社は、昨年より既にエンジン単体でのテストを行っている。

船舶・海運
海運部門は、EU全体の温室効果ガス発生量のおよそ13%を占めている。
既に、欧州の船舶では燃料を重油からLNG(液化天然ガス)へ転換する動きが始まっており、供給港湾施設も少しずつ増えてきている。しかし、LNGによる温室効果ガスの削減量は、およそ20%に過ぎず、将来は、別の燃料やシステムへの切り替えが必要になる。

航空機同様、船舶にもFuel EU Maritimeイニシアチブが存在し、バイオエタノールやバイオディーゼルといった持続可能な代替燃料、もしくは水素やアンモニア等炭素が発生しない新燃料への移行が推進されている。特にアンモニアは、水素エネルギー密度が高いこと、液化によるハンドリングが比較的容易であることなどから、有望な新燃料候補と見られている。ただし、難燃性であることから、内燃機関に使用するためにはまだ技術開発が必要な段階である。

このような中、代替燃料や内燃機関の新技術以前に、長い間議論の焦点となっているのが、EUの排出量取引制度(EU ETS)を海運(Shipping Industry)にも適用するか、という問題である。先述のとおり、航空部門には既にEU ETSが適用されているが、海運部門には、未だ適用がされていない。

EUの司法裁判所は、EU ETSに海運を含めることは国際法に準拠していると判断している。さらに、EU議会もEU ETSを海運に適用することを認めており、現在は、2023年頃から適用が開始される見込みであると報じられている。

この動きに対し、海運業界は長い間猛反発している。理由は、代替技術の実用化が困難なことと、大幅なコスト増を招き、海運事業者の利益を大幅に圧迫することからである。
海運業界は、全世界のCO₂発生量のうち海運によるものはわずか2-3%であり、さらに国際海事機関(International Maritime Organization: IMO)が定める温室効果ガス削減規制にEU ETSが準拠しないという主張や、両方の規制を管理する2重規制問題を議論の核として、抵抗し続けている。

さらに最近では、コペンハーゲン・インフラストラクチャ・パートナーズ社(Copenhagen Infrastructure Partners :CIP)と共に、ゼロエミッションに向けてヨーロッパ最大のグリーンアンモニア生産施設の設立計画を発表している。グリーンアンモニアとは、温室効果ガスを発生させずに製造するアンモニアのことである。

また、これらとは別に、欧州委員会による「Horizon 2020」という研究プログラムが資金を提供し進められている。その1つに、「Current Direct」というプロジェクトがある。

解説
欧州では、航空業も海運業も、各々の産業の脱炭素化は「包括的な問題」である、と繰り返し発言されている。
背景となる理由は、規制や法制度の設計が、実現可能な技術やエネルギーのサプライチェーンを十分に考慮されていないということにある。
例えば、農作物を原料にしたバイオエタノールやバイオディーゼルの供給には、ますます厳格化されるデューデリジェンス規制の問題がある。燃料需要の増加のために、新たに森林を伐採して農地化することは困難である。

【8社比較】FX自動売買とは?おすすめのツール比較ランキング!

FXおすすめ自動売買ツールランキング

2017年1月1日~2021年4月30日の期間に設定されたすべてのiサイクル2取引における調査結果

1万円コースでは89.63%の利益、miniコースでは88.41%という結果から どのコースでも安心して利益を狙えることがわかります。

相場の動きを自動追従してくれるiサイクル2取引なら、想定変動幅がトレンドの影響で外れても自動で想定変動幅をずらすので継続的に自動売買ができます。

元手100,000円から始めて、1ヶ月で106,500円まで増やすことができました。

1ヶ月で6500円の利益なので、月利で表すと6.5%にもなります。

FX自動売買ランキング

他にも外為オンラインの公式Youtubeチャンネルでも実績について詳しく解説されています。

現在では新規アカウント作成をすると90日間取引手数料が無料になるのでさらに利益を狙いやすくなっています。

この機会に是非公式サイトにアクセスをしてFX自動売買を始めてみましょう。

iサイクル2取引(注文)は儲かる?評判・口コミを徹底解説 FX自動売買には様々な種類のツールがあるので、自動売買に挑戦したいと思ったときにはどれを使ったら良いのかで迷ってしまうでしょう。 この記事ではよく注目されていて…

おすすめ③みんなのシストレ

みんなのシストレ トップページ
実績(収益率)収益率611.10% ※
スマホ対応
手数料片道0円
少額取引4,000円〜
通貨ペア29種類
スプレッド0.2銭 米ドル/円
詳細みんなのシストレ公式ページ
ZAR/JPY みんなのリピート注文_買 1lotあたり収益率(1年間)

みんなのFXのみんなのシストレがランキング3位です。

みんなのFXで実際にFXトレードをしている方のデータを元に24時間自動売買を行うサービスになります。

合計損益や取引回数に応じてランキング形式でストラテジーが発表されており、そのランキングの中からトレーダーを選ぶだけでシステムトレードを開始することができます。

  • トレーダーが作成したストラテジーを現状の実績から選べる。
  • リピート型も選択型もあって通貨ペアの候補も多いので本格的に取引をしたい人におすすめ。

\ 約5分で申し込み完了! /

【AI搭載?】みんなのシストレの評判・口コミは?メリット4つとデメリット2つ 「みんなのシストレ」は、トレイダース証券が提供するFX自動売買サービスです。 最小1,000通貨から取引ができ、取引ツールも使いやすいのでFX初心者を中心に人気を集め…

おすすめ④トラッキングトレード

トラッキングトレード
実績(収益率)収益率86.0% ※
スマホ対応
手数料片道20円
少額取引4,000円〜
通貨ペア24種類
スプレッド0.2銭 利益最大化の鍵となる取引コストの特徴とは 米ドル/円
詳細FXブロードネット公式ページ
※本番口座において2022年4月30日時点の評価損益(利益になった設定数を利益になった設定数と損失になった設定数の合計で除した割合)

FXブロードネットのトラッキングトレードが自動売買ランキング4位としておすすめです。

リピート型で実績が高いのが優れているポイントです。

\ 最大2万円キャッシュバック /

【実績公開】トラッキングトレードの評判・口コミを徹底解説! FX自動売買ツールを比較しているとトラッキングトレードに興味を持つ方も多いでしょう。 トラッキングトレードは為替相場の細かな値動きに着目するリピート型の注文方法…

おすすめ⑤ループイフダン

ループイフダン
実績(収益率)収益率平均73.98% ※
スマホ対応
手数料片道0円
少額取引4,000円〜
通貨ペア20種類
スプレッド2.0銭 米ドル/円
詳細アイネット証券公式サイト
※(2021年9月末実績)ルーブイフタン口座で運用中の利用者を対象にした平均値

アイネット証券のループイフダンは自動売買ランキングの第5位です。

リピート型で安定した利益を出せる仕組みが整っているため、初心者からの人気が高いのが特徴です。

タイアップキャンペーン

また現在は、新規口座開設+10Lot以上の取引でAmazonギフト券3,000円分が貰えるお得なタイアップキャンペーンも開催しております。

  • 収益率が高めなのに手数料無料でスプレッドも狭いから稼ぎやすい。
  • 初心者率66%でも実績があって安心感があるのが魅力。

\当サイト限定キャンペーン開催中 /

【儲かる?】ループイフダンの評判・口コミを徹底調査!始め方や設定の注意点も FXを始めたいけど、「知識がなくて不安」「お仕事が忙しくてなかなかトレード出来ない」といった方は多い傾向にあります。 そんな方には、アイネット証券の提供するルー…

おすすめ⑥ちょいトレFX

FXプライム ちょいトレFX 公式画像
実績(収益率)
スマホ対応
手数料片道0円
少額取引4,000円〜
通貨ペア14種類
スプレッド0.3銭
※FXプライムbyGMOは現在、
スプレッド原則固定を休止しています。
詳細FXプライムbyGMO公式ページ

FXプライムbyGMOのちょいトレFXがおすすめランキングの6位です。

ストラテジーの作成や修正をしやすいツールに仕上がっている点で定評があります。

\ 当サイト限定プログラム開催中/

ちょいトレFXの評判・口コミを紹介!デメリットも徹底解説 FXに興味はあるけれど、なんだか難しそうだと思っている人もいるでしょう。 やってみたいけれどいきなりまとまった額を入金するのは不安もありますよね。 ちょいトレFX…

おすすめ⑦トラリピ

トラリピ
実績(収益率)収益率152% ※
スマホ対応
手数料片道0円
少額取引4,利益最大化の鍵となる取引コストの特徴とは 000円〜
通貨ペア16種類
スプレッド3.4銭 米ドル/円
詳細マネースクエア公式ページ
※ユーロ/英ポンドで資金200万円での利益率、本取引ではなくバックテストの結果

マネースクエアのトラリピが自動売買ランキング7位です。

両建てに相当するハーフ&ハーフも選べるのでリスクを下げやすいでしょう。

  • ハーフ&ハーフによるリスクの低い自動売買が取り入れられている。
  • 高い収益率が示されているのは長期間のバックテストだけ。

今話題のトラリピの評判・口コミとは?|儲かる仕組みやデメリットも徹底解説 「トラリピ」は、マネースクエアが提供するFX自動売買ツールです。 レートが上下しそうな範囲を予想するだけで自動的に売買を繰り返してくれるので、時間や手間をかけず…

おすすめ⑧QUOREA

実績(収益率)収益率平均39.26% ※
スマホ対応
手数料片道20円
少額取引4,000円〜
通貨ペア11種類
スプレッド
詳細QUOREA公式ページ
※2020年12月の1ヶ月間における全体の自動売買ユーザーの実損益から算出

QUOREAがランキングの8位です。

利益最大化の鍵となる取引コストの特徴とは AIを取り入れて自動売買をするシステムを作り上げているのが特色です。

  • AIを活用したロボットによる運用で短期間でも利益を上げやすい。
  • 通貨ペアの種類が少ないので相場の状況によっては稼ぎにくい。

QUOREA(クオレア)FXの評判・口コミを徹底調査!AIを使った自動売買? QUOREA(クオレア)は、AIを活用した自動売買が特徴の投資プラットフォームです。 初めてFXや仮想通貨取引を行う方にも使いやすいと人気を集めています。 しかし「本当に…

FX自動売買ツールの比較ポイント

FX自動売買ツールを使ってトレードをしていきたいなら 比較して魅力的なツールを選び出すのが大切です。

実績の比較は、これからFX自動売買ツールを利用するに当たって非常に重要なポイントです。

どのような実績があり、その理由を知ることで自分に合った自動売買ツールを探すことができます。

例えば、外為オンラインの「iサイクル2」の公式ページを見ると以下のような実績が分かります。

ここで注意しないといけないのは公式HPの実績は一番都合の良い数字を出している可能性が高いということです。

実績を出している自動売買ツールはTwitterやブログなどで収益結果を報告している方がいるので、他の方の実績を確認しておくことをおすすめします。

Twitter

実際に、当サイト編集部でも外為オンラインのiサイクル2取引を、元手10万円で運用してみました。

元手100,000円から始めて、1ヶ月で106,500円まで増やすことができました。

1ヶ月で6500円の利益なので、パーセンテージで表すと6.5%/月にもなります。

インデックス投資の月利が0.8%/月くらいなので、非常に高い数値で推移している状況です。

売買の設定をしたら基本的に放置で運用できますので、とても簡単に始めることができました。

特に、これからFXを始めていきたいと考えている人には、ぜひおすすめしたいサービスです!

【9社比較】FX自動売買とは?おすすめツールを厳選ランキング!

比較②手数料

自動売買ツールの利用には手数料がかかる場合があるので比較しておくのが大切です。

FXの実質的な手数料として知られているのはスプレッドです。

マイメイト 片道20円
iサイクル2取引片道20円(90日間無料)
ループイフダン片道0円
トラッキングトレード片道20円
ちょいトレFX片道1円
トラリピ片道0円
QUOREA月間総取引高の
0.05%
利益最大化の鍵となる取引コストの特徴とは

手数料がかかってもそれ以上の収益率になれば稼げるので総合的に考えるのが肝心です。

比較③使いやすさ

ツールは使いやすいことが肝心なので、インターフェースや操作性を比較検討しましょう。

パソコンで自動売買ツールを使うなら、インストール不要でブラウザで動作すると快適です。

また、 スマホに対応しているといつでもどこでもツールを使えるので便利です。

比較④少額取引

FX自動売買ツールを選ぶときには少額取引が可能であるかを比較するのもポイントです。

少額取引でないと資金的な要求が大きくなりがちなので、少額取引可能なツールは魅力的です。

マイメイト 4,000円〜
iサイクル2取引4,000円〜
みんなのシストレ5,000円〜
ループイフダン4,000円〜
トラッキングトレード4,000円〜
ちょいトレFX4,000円〜
トラリピ4,000円〜
QUOREA10万円程度を推奨

比較⑤通貨ペア

ツールが対応している通貨ペアについても見ておいた方が良いでしょう。

単純に考えれば多い方が選択肢が豊富なので、稼ぎやすいシステムを構築してトレードできると言えます。

ただ、数が多すぎても選択肢が多すぎて条件を考えるのが難しくなりがちです。

主要通貨ペアを中心として最低限の通貨ペアに対応していることを重視して選ぶのが適切です。

マイメイト 17種類
iサイクル2取引26種類
みんなのシストレ29種類
ループイフダン20種類
トラッキングトレード24種類
ちょいトレFX14種類
トラリピ1種類
QUOREA11種類

比較⑥自動売買ツールの種類

自動売買ツールには種類がある点にも注意して選ぶのが肝心です。

選択型の実績が優れているツールならすぐに始められるのが魅力的です。

iサイクル2取引リピート型
選択型
設定型
マイメイトリピート型
選択型
設定型
みんなのシストレ選択型
リピート型
ループイフダンリピート型
トラッキングトレードリピート型
ちょいトレFX選択型
設定型
トラリピリピート型
QUOREA選択型

FX自動売買のメリット

なぜ魅力として着目されているのかを確認しておきましょう。

24時間自動取引が可能

FXでは平日は為替市場が24時間動いているので取引できます。

自分から注文を出そうとすると、起きている時間かつ仕事などをしていない時にしか取引できません。

寝ている時間や仕事・家事をしている時間にも為替レートは刻々と変化していきますが、そうした変化に逐一対応するにはチャートに張り付いている必要があります。

FXの自動売買ツールを使用することで、24時間自動で取引を実行してくれるため、放置しておくことも可能です。

チャンスを逃すことがないため、自動売買をすれば大きな利益につなげられると期待できます。

FX初心者でも使いやすい

自動売買ツールは、 FX初心者でも使いやすくて稼げる可能性を秘めているのがメリットです。

さらに今現在では、 InvestNaviから新規口座開設していただいた方限定で53,000円キャッシュバックキャンペーン実施中 です。

\当サイト限定キャンペーン実施中/

専門的な知識がなくてもできる

しかし、高度な専門知識がなくても、選択型の自動売買ツールなら戦略の概要を理解して選ぶだけで取引が可能です。

マイメイトでは、 以下のように自動売買プログラムの組み合わせを収益率のランキングから選択するだけです。

トライオートFX 自動売買選択

設定型の場合にも使いやすいインターフェースが整っているので、条件を決めるための最低限の知識があれば自動売買をおこなえます。

感情に左右されない

自動売買によるシステムトレードは、プログラムに任せて自動的にトレードをします。

そのため、 感情に左右されないのがメリットです。

感情の浮き沈みが激しい人にとっては大損のリスクを減らすのに有効な取引方法でしょう。

話題のAIトレード!

FX自動売買のデメリット

自動売買をするデメリットも理解しておきましょう。

急激な変化に対応しにくい

相場が急激に変化したときには対応するのが難しいので注意しましょう。

経済指標の発表や要人発言、金融政策などによって急変が起きたときには想定外の売買結果になるリスクがあります。

トレードスキルが身につきにくい

特に選択型のトレードでは戦略の内容を自分で考えているわけではないため、相場を分析するスキルはあまり身につきません。

リピート型や設定型でも相場の状況を見ながら臨機応変に対応して売買をするわけではないのでトレードスキルは身につきにくいのがデメリットです。

Withコロナ時代に過去最高益を達成した次世代クリニックの経営方法とは


図1

Mustの部分が時代から必要とされているものです。私の場合は「医療者の資質を発揮させて患者さんの受診体験を向上させる仕組み」です。これは社会から求められていることです。

Willの部分が私がやりたいことです。それは、「個人の力を凌駕する組織構造を作りたい」という思いがあります 。そして最後にCan、私ができることは、総合内科・循環器内科医とMBAの掛け合いです。

この3つの共通部分で、私ができることは 患者さんに尽くす喜びを医療者に取り戻す ようなクリニックの運営、あわせてクリニックの支援事業です。これらを手掛けて行きたいと考えています。

医療業界には多くの“アンマッチニーズ”が存在する

利益最大化の鍵となる取引コストの特徴とは 利益最大化の鍵となる取引コストの特徴とは
図2

実は、70〜80%の方が治療を受けたいと思っているが、時間がなくて放置している現実があります。さらにそれを分けると、そもそも仕事が忙しくて時間がない方もいれば、平日は受診が難しいが夜間なら行けるという方もいます。あるいは決まった時間に受診できず、予約が取れるクリニックしかいけない方も。こういう クリニック側の努力で合わせることができる部分 がたくさんあります。


図3

実際、医療法人の90%ぐらいが単独クリニックです。7院以上は全体の2%です。一方で、図の右上の方のプレイヤーがあまりいないんです。これは何故なのでしょうか?この部分に 「医師稼働率ギャップ」 が存在します。

\ オンライン診療を始めるための46のチェックリスト付き /
オンライン診療完全ガイドブック

クリニックの規模化を妨げる「医師稼働率ギャップ」とは


図4

医業収益(=売上)があって、他には検査や賃料、光熱費などがあります。最大のコストは医師の人件費です。これは言うまでもありません。一般の人件費が25%程度。システム管理費が10%。 これらを売上から引くとEBITDA*が20%ほど残ります。
* EBITDA:税金が引かれる前の利益に、利息等を加えた利益のこと

1診制から2診制への移行は、「診療稼働率の半減=医師人件費率の倍増」によって、一時的に利益率が著しく悪化する。そのため、診療をニーズの堅調な見通しをもつ力が必要になってきます。そして、これ自体が クリニックの大規模化を妨げる要因 利益最大化の鍵となる取引コストの特徴とは の1つです。

患者さんが受診を決める最も重要な“カギ”とは?


図5

この図は患者さんの診療セグメントです。 横軸は専門性と特定医師との関係性を重視した軸で、「プロフェッショナルバリュー」と呼んでいます。縦軸は一言で言うと利便性で、「サービスバリュー」と呼んでいます。 患者さんが受診する最も重要なバリューはこの2つです。


図6

プロフェッショナルバリューとサービスバリューはトレードオフ関係 にあります。なので両立は難しい現状があります。例えば、速さを追求すると丁寧さが損なわれるというふうに、どうしてもこういう並びになってしまいます。

左上に行くほどサービス価値が重視されます。サービス価値はいろいろありますが、この中で何が一番大事なのでしょうか?それは 「好アクセス」 です。例えば、受診体験が悪く、Googleクチコミが☆1.0-2.0だとしても、駅近であれば混雑しているという事実があります。成功の鍵には好立地が外せません。


図7

先ほどのバリューラインの図の中で、 トレードオフ関係をなんとか乗り換えて右上に行くこと ができればアンマッチニーズをきちんと捉えることができます。例えば、先ほどの生活習慣病の方(図5参照)で、現状の病院ではニーズが満たされなかった方が挙げられます。

しかし、アンマッチニーズを超えることは、病気になる手前の方を対処することが可能になります。つまり、 アンマッチニーズを補足することは、ポピュレーションアプローチの実現 にもつながります。

オペレーション戦略こそが地域のシェアを左右する


図8

私が 「サービスレベルー稼働率均衡」 と呼ぶ状態があります。これは、獲得している患者さんと流出している患者さんが均衡している状態のことです。クリニックが成長していけば、必ずどこかで到達します。


図9

オペレーション改善のボトルネックを同定する


図10

では、実際にオペレーションを改善する、あるいは最初から良いオペレーション構築するにはどのようにしたらいいのでしょうか?結論、ボトルネックと呼ばれる部分を最初に同定することが非常に重要です。そして、 ボトルネックは例外なく診察室 です。

診察キャパをタスクシフティングで増加させる


図11

では、診察速度を早くするためにはどうするか。1つめは、ボトルネックから仕事を移す タスクシフティング という方法です。2つめは、医師の外来診察能力を上げる方法です。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる