バイナリー オプション 日本

外国為替取引のリスク

外国為替取引のリスク

motherinvest trader's profile

ハイリスクの警告:外国為替取引にはハイリスクが伴っているので、全ての人に適しているとは限りません。 レバレッジは、追加のリスクと損失のエクスポージャーを生み出します。 外国為替取引を決定する前に、あなたの投資目的、経験レベル、リスク許容度を慎重に検討してください。 初期投資の一部及びその全ての失う可能性があるので、必要最低限以上のお金は投資しないでください。 外国為替取引に関連するリスクについては、自分自身で学んで質問がある場合は独立した財務や税務顧問に質問してください。 データと情報は全て'そのままの形'で提供されます。それらは情報提供のみを目的としており、取引目的やアドバイスを目的としたものではありません。 過去の実績は、将来の結果を示すものではありません。

EURUSD 1.0421 GBPUSD 1.21125
USDJPY 132.945 外国為替取引のリスク USDCAD 1.2936

We noticed that you're using an ad blocker. Myfxbook is a free website and is supported by ads. In order to allow us to keep developing Myfxbook, please whitelist the 外国為替取引のリスク site in your ad blocker 外国為替取引のリスク settings.

FX取引に関する様々な問題への積極的な取り組み。法律相談は無料。

問い合わせ問い合わせ

FX取引において現在顕在化している問題は,(広義の)システムトラブルです。相場が乱高下する場面で,取引画面がフリーズしてしまったり,注文が出せなくなったり,といった事象が多く発生しているようです。
また,システムの正常さ・公正さが外部から見えにくいこともあって,スプレッドが恣意的に拡大されたり,スリッページが相当と考えられる範囲を超える頻度・範囲で生じたり,俗に「ロスカット狩り」と呼ばれるような手法が用いられているのではないかとの疑念が生じるような状況もしばしば見られます(このことは,いわゆるトレール注文についても見られます。)。
当法律事務所の弁護士は,FX取引において,ロスカットの発動が適切になされなかったという事案について,適切にロスカットがされていたであろう場合との差額の賠償を求めた訴訟を担当し,同事件の判決である東京地判平成20年7月16日金融法務事情1871号51頁はロスカットルールに関する初の司法判断として大きな注目を集めています(司法試験受験生にもなじみの深い判例百選に取り上げられています)。高いレバレッジをかけて,海外の株式市場の動向等により我が国における取引レートが急激に変動することが当然に予想されるFX取引において,未曾有とでも言うべき相場混乱が生じたわけでもないのに瞬時の約定ができないというのでは,正常な金融商品であると評価することは難しいでしょう。
「安全性」をうたい文句にしてきた取引所取引においてもシステムトラブルは少なくない頻度で生じているようです。
相対取引業者においてはこの種のシステムトラブルは後を絶ちませんし,提示レート(スワップを含む)が誤りであったなどとして事後的に取引益金の出金を拒まれるという事案も相当数あります。当法律事務所でも,このような事案についてFX取引業者の主張に理由がないことを(金融庁にも併せて)指摘し,取引益金の支払いをさせることができたことがあります。
システムトラブルの問題とは離れますが,FX取引業者は利益を出す顧客を閉め出してしまうという姿勢を採っているのではないかと思われる節があり,不正取引をしたなどと強弁して口座を強制解約したり,いわゆる「キャッシュバックキャンペーン」で約束した金員(取引量に応じて支払を約した「キャッシュバック金」)の支払いを拒むという事例も多く生じているようです。当法律事務所の弁護士が担当した,この点に関する訴訟について,興味深い初の司法判断として,東京地判平成26年6月19日があります。

COLUMN 値下がりしていないのに!? ?投資取引のもっとも大きなリスクは価格変動ではない?
米国時間2005年10月17日,突然,米レフコエフエックス社のFX取引口座から証拠金が引き出せなくなった。グループ会社を含めて米国連邦倒産法第11章(チャプターイレブン)の適用が申請され,口座が凍結されたのだ。同グループは,独立系先物・証券グループで世界第4位の規模を誇るともいわれた巨大金融グループであった。同社の関連会社は我が国で積極的な営業活動を行い,本邦在住者の証拠金拠出額はおよそ40億円にものぼっていた。我が国の投資家の多くは,同グループの知名度や関係会社のホームページに,預り金を分別して管理しているから仮にレフコグループが倒産しても証拠金はきちんと返還されるかのような記載があったことなどから,あえて同社での取引を選んでいた。にもかかわらず,同社での取引を選んだ結果,皮肉にも証拠金の凍結という目に遭ってしまったのである。被害者らは集団で訴訟を提起し,当初の配当金の予測を大きく上回る金銭の返還を勝ち取ったが,それでも,証拠金の全額返金は達し得なかった。
我が国にも同じような例には事欠かない。平成19年11月9日,関東財務局は,外国為替証拠金取引業者であるアルファエフエックス社に対して,証拠金等を自己の固有資産と区分して管理していないなどとして,6か月の業務停止命令の行政処分をした。しかし,このときすでに同社は20億円以上の預り証拠金を流用した挙げ句に失い,行政処分に先立つ同月6日に自己破産の申立をしていた。登録を経ている業者が,預り証拠金を全部消失させて自己破産の申立をし,その後にようやく行政が業務停止(登録取消でもない)の処分をするという,滑稽とすらいえる事態が生じたのである。すでに法令(内閣府令)の改正により顧客の預り資産の区分管理は,一応の制度化が完了したとされていた時期であった。
このような事態は,上記事件の発生後改正された現在の法令の下でも,生じ続ける可能性がある。投資は自己責任であるといわれるが,このような被害は自己責任の結果であるとはいいにくいだろう。しかし,自己責任でないといってはみても,国を含む誰かが被害を補填してくれる訳ではない。価格が上がったり下がったりすれば利益が出たり損失が生じたりする。このことが投資や投機のリスクであるということは比較的理解しやすい。しかし,本当のリスクは,そんなところにのみあるものではない。重大なリスクは,むしろ,見えないところにこそあるのである。

motherinvest trader's profile

ハイリスクの警告:外国為替取引にはハイリスクが伴っているので、全ての人に適しているとは限りません。 レバレッジは、追加のリスクと損失のエクスポージャーを生み出します。 外国為替取引を決定する前に、あなたの投資目的、経験レベル、リスク許容度を慎重に検討してください。 初期投資の一部及びその全ての失う可能性があるので、必要最低限以上のお金は投資しないでください。 外国為替取引に関連するリスクについては、自分自身で学んで質問がある場合は独立した財務や税務顧問に質問してください。 データと情報は全て'そのままの形'で提供されます。それらは情報提供のみを目的としており、取引目的やアドバイスを目的としたものではありません。 過去の実績は、将来の結果を示すものではありません。

外国為替取引のリスク 外国為替取引のリスク
EURUSD 1.04237 GBPUSD 1.21118
USDJPY 132.964 USDCAD 1.29356

We noticed that you're using an ad blocker. Myfxbook is a free website and is supported by ads. In order to allow us to keep developing Myfxbook, please whitelist the site in your ad blocker settings.

経済成長の失速はコモディティ価格上昇の妨げにならず

サマリー: コモディティセクターでは、世界の経済成長に関する懸念が価格にマイナスの影響を及ぼす気配はほとんどありません。実際、Bloomberg Commodity Spot indexは6/10に引けた週に最高値を更新、今年38%の上昇となりました。値上がり分の大部分が急騰する原油、天然ガスおよび燃料価格によるものです。通常の環境であれば、高水準のコモディティ価格は生産者による増産という形の反応を引き出し、供給増により最終的に価格の下落要因となる傾向があります。本記事では、今回は事情が異なるかもしれない理由をご説明します。

コモディティセクターでは、世界の経済成長と需要に関する懸念が価格にマイナスの影響を及ぼす気配はほとんどありません。さらに、6/10に引けた週では、主要なコモディティで構成されるバスケットの値動きを追うBloomberg 外国為替取引のリスク Commodity Spot indexは最高値を更新、今年38%の上昇となりました。牽引役となっているセクターは引き続きエネルギーと穀物で、それぞれ年初来で102%と33%値上がりしています。工業用金属セクターは、新型コロナウィルスの感染急拡大のため中国経済の一部がロックダウンされた3月から4月に25%下落しましたが、ここ数週間では暫定的な回復傾向を見せています。とはいえ、上海での新たなロックダウンの報道により、世界最大の金属消費国の需要の回復が予想より遅れるリスクが浮き彫りになりました。

取扱商品・手数料
取引ツール
取引サポート
口座開設・サクソバンクについて

■外国為替証拠金取引は各通貨の価格を、貴金属証拠金取引は各貴金属の価格を指標とし、それらの変動に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、売買の状況によってはスワップポイントの支払いが発生したり、通貨の金利や貴金属のリースレート等の変動によりスワップポイントが受取りから支払いに転じたりすることがあります。外国為替証拠金取引の手数料については、無料のスタンダードと有料のアクティブトレーダーの二コースがあります。アクティブトレーダーでは取引金額に一定の料率(ステージ1: 0.外国為替取引のリスク 003%、ステージ2: 0.外国為替取引のリスク 002%、ステージ3: 0.001%)を掛けて求めた手数料が新規/決済それぞれで課金されます。さらにステージ2と3ではお支払いいただいた手数料の月間合計額が月額標準金額(ステージ2: 6万円、ステージ3: 20万円)に満たない場合は、その差額を追加で徴収させていただきます。ミニマムチャージの設定はありません。ステージはお客様ご自身で事前に選択していただき、月単位で適用されます。変更する場合は翌月以降の月の初日から有効となり、原則として月の途中で変更することはできません。貴金属証拠金取引の手数料についても、無料のスタンダードと有料のアクティブトレーダーの二コースがあります。ただしスタンダードではミニマムチャージが設定されています。アクティブトレーダーの手数料は外国為替証拠金取引と同様の仕組みになります。なお、ステージ2と3における手数料の月間合計額の計算では、外国為替証拠金取引と貴金属証拠金取引で発生した手数料が合算されます。
■外国為替オプション取引は外国為替証拠金取引の通貨を、貴金属オプション取引は貴金属証拠金取引の貴金属を原資産とし、原資産の値動きやその変動率に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、オプションの価値は時間の経過により減少します。手数料については、外国為替オプション取引・貴金属オプション取引ともに無料です。なお、オプションの売り側は権利行使に応える義務があります。
■株価指数CFD取引は株価指数や株価指数を対象としたETFを、個別株CFD取引は個別株や個別株関連のETFを、債券CFD取引は債券や債券を対象としたETFを、その他証券CFD取引はその他の外国上場株式関連ETF等を、商品CFD取引は商品先物取引をそれぞれ原資産とし、それらの価格の変動に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、建玉や売買の状況によってはオーバーナイト金利、キャリングコスト、借入金利、配当等調整金の支払いが発生したり、通貨の金利の変動によりオーバーナイト金利が受取りから支払いに転じたりすることがあります。手数料については、東京証券取引所上場株式を原資産とするCFD取引の日計り取引は「取引金額×0.05%」の手数料がかかり、建玉を持ち越した場合、キャッシュバック方式により、売買手数料は無料です。ETFを原資産としない株価指数CFD取引と商品CFD取引では売/買、新規/決済の別にかかわらず無料ですが、それ以外は有料となり「取引金額×一定料率」または「取引数量×一定金額」で求めた手数料がかかります。ただし、手数料の合計額が当社の定める最低手数料に満たない場合は、手数料に代えて最低手数料を徴収させていただきます。手数料の料率や金額または最低手数料は取引所や銘柄などによって異なります。
■上記全ての取引においては、当社が提示する売価格と買価格にスプレッド(価格差)があり、お客様から見た買価格のほうが売価格よりも高くなります。
■先物取引は各原資産の価格を指標とし、それらの変動に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。手数料については、売買手数料と取引所手数料が新規/決済のそれぞれで課金されます。売買手数料は注文単位当りで定められています。ただし、手数料の合計額が当社の定める最低手数料に満たない場合は、手数料に代えて最低手数料を徴収させていただきます。また、建玉を翌日に持ち越すとキャリングコストが発生します。
■外国株式オプション取引は、対象とする外国上場株式の市場価格あるいは当該外国上場株式の裏付けとなっている資産の価格や評価額の変動等に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、対象とする外国上場株式の発行者の信用状況の変化等により、損失が発生することがあります。なお、オプションを行使できる期間には制限がありますので留意が必要です。さらに、外国株式オプションは、市場価格が現実の市場価格等に応じて変動するため、その変動率は現実の市場価格等に比べて大きくなる傾向があり、意図したとおりに取引ができず、場合によっては大きな損失が発生する可能性があります。また取引対象となる外国上場株式が上場廃止となる場合には、当該外国株式オプションも上場廃止され、また、外国株式オプションの取引状況を勘案して当該外国株式オプションが上場廃止とされる場合があり、その際、取引最終日及び権利行使日が繰り上げられることや権利行使の機会が失われることがあります。対象外国上場株式が売買停止となった場合や対象外国上場株式の発行者が、人的分割を行う場合等には、当該外国株式オプションも取引停止となることがあります。また買方特有のリスクとして、外国株式オプションは期限商品であり、買方がアウトオブザマネーの状態で、取引最終日までに転売を行わず、また権利行使日に権利行使を行わない場合には、権利は消滅します。この場合、買方は投資資金の全額を失うことになります。また売方特有のリスクとして、売方は証拠金を上回る取引を行うこととなり、市場価格が予想とは反対の方向に変化したときの損失が限定されていません。売方は、外国株式オプション取引が成立したときは、証拠金を差し入れ又は預託しなければなりません。その後、相場の変動や代用外国上場株式の値下がりにより不足額が発生した場合には、証拠金の追加差入れ又は追加預託が必要となります。また売方は、権利行使の割当てを受けたときには、必ずこれに応じなければなりません。すなわち、売方は、権利行使の割当てを受けた際には、コールオプションの場合には売付外国上場株式が、プットオプションの場合は買付代金が必要となりますから、特に注意が必要です。さらに売方は、所定の時限までに証拠金を差し入れ又は預託しない場合や、約諾書の定めによりその他の期限の利益の喪失の事由に該当した場合には、損失を被った状態で建玉の一部又は全部を決済される場合もあります。更にこの場合、その決済で生じた損失についても責任を負うことになります。外国株式オプション取引の取引手数料については、1ロットあたり3.0米ドルが一回の取引ごとに課金されます。その他にも取引所手数料やキャリングコストなど様々な費用がかかります。手数料の詳細は、発注前の取引画面でご確認ください。外国株式オプション取引(売建て)を行うにあたっては、所定の証拠金を担保として差し入れ又は預託していただきます。証拠金率は各銘柄のリスクによって異なりますので、発注前の取引画面でご確認ください。
■上記全ての取引(ただしオプション取引の買いを除く)は、取引証拠金を事前に当社に預託する必要があります。取引証拠金の最低必要額は取引可能な額に比べて小さいため、損失が取引証拠金の額を上回る可能性があります。この最低必要額は、取引金額に対する一定の比率で設定されおり、口座の区分(個人または法人)や個別の銘柄によって異なりますが、平常時の比率は4%から20%が適用されます。ただし法人が行う外国為替証拠金取引については、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用いて通貨ペアごとに算出(1週間に1度)した比率を下回らないように当社が設定します。
■上記全ての取引(ただしオプション取引の買いを除く)は、損失が無制限に拡大することを防止するために自動ロスカット(自動ストップロス)が適用されますが、これによって確定した損失についてもお客様の負担となります。また自動ロスカットは決済価格を保証するものではなく、損失がお預かりしている取引証拠金の額を超える可能性があります。
■外国証券売買取引は、買付け時に比べて売付け時に、価格が下がっている場合や円高になっている場合に損失が発生します。手数料については、「取引金額×一定料率」又は「取引数量×一定金額」で求めた手数料が一回の取引ごとに課金されます。ただし手数料の合計額が当社の定める最低手数料に満たない場合は、手数料に代えて最低手数料を徴収させていただきます。また取引所手数料等の追加費用がかかる場合があります。
■取引にあたっては、取引説明書および取引約款を熟読し十分に仕組みやリスクをご理解いただき、発注前に取引画面で手数料等を確認のうえ、ご自身の判断にてお取引をお願いいたします。

サクソバンク証券株式会社

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第239号
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、日本投資者保護基金、日本商品先物取引協会

ご使用になられているブラウザ環境によりウェブサイトを正しく表示できません。

本サイトでは iOS 9.X および Microsoft Internet Explorer 10 以降のブラウザのご利用を推奨しています。これ以外の環境でご利用いただいた場合、本サイトの利用に必要な機能が使用できず、画面が正常に表示されない、動作しない等の現象が起きることがあります。

外国為替取引のリスク

日本の金融政策と為替相場の行方

日本の金融政策と為替相場の行方

講師プロフィール

前田栄治氏
ちばぎん総合研究所 代表取締役社長、元日本銀行理事

  1. やむを得ない都合等により、セミナーの中止、内容の変更等をする場合があります。
  2. 当社のセミナーは、店頭外国為替証拠金取引の商品説明とともに、外国為替取引の知識、方法等をさらに深めていただきたい等の趣旨で開催しています。セミナーの性格上、取り扱う商品の勧誘をする場合があります。あらかじめご了承のうえ、ご参加ください。

当社情報サイトに関する注意事項
当社による情報サービスは、お客さまの投資判断に当たって参考となる情報の提供を唯一の目的としており、断定的な判断の提供や特定の金融商品の売買等の勧誘を目的としたものではありません。 当社および情報提供者は、情報の正確性、完全性、適時性等を保証するものでは一切なく、情報の内容を予告なく変更する場合があります。また、当該情報の利用によって生じたいかなる損害についても、一切責任を負うものではありません。投資の最終判断は、お客さま自身で行ってくださいますようお願いします。 当社が提供する情報の著作権は、セントラル短資FX株式会社または情報提供者に帰属します。当社の事前の承諾なく情報の全部または一部を引用、複製、転送などにより利用することを禁じます。

セントラル短資FX株式会社
〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町三丁目3番14号
URL:https://www.central-tanshifx.com

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第278号
加入協会:一般社団法人金融先物取引業協会
一般社団法人日本投資顧問業協会

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる